海外(外国)ドラマの用語あれこれ

今ではすっかり人気の海外(外国)ドラマですが、海外(外国)ドラマを観るにあたってよく耳にするけどわからない、という言葉はありませんか?
海外(外国)ドラマにおいてよく使われる用語を解説したいと思います。

「ソープオペラ」という言葉を聞いた事がありますか?
ソープオペラとは、いわゆるお昼のメロドラマを意味しています。
視聴者に主婦が多いので、石けん(ソープ)の会社のスポンサーが多い事からこう呼ばれています。
国内でも、午後1時台のドラマのスポンサーには石けん会社が多いと思います。

「シットコム」とは、「シチュエーションコメディー」を短縮した言葉です。
観客の笑い声が入っているコメディードラマの事で、米国(アメリカ)では昔から人気があります。
国内のドラマにはない形式ですね。
シットコムの代表的なドラマには、「フレンズ」や「フルハウス」などがあります。

「パイロット版」とは、新しく製作するドラマに先駆けて試験的に作られたものです。
始めに単発のスペシャルドラマとして放送し、視聴者の結果で好評かどうかを判断してシリーズ化されます。

最近、国内のドラマでも「スピンオフ」という言葉をよく耳にすると思います。
スピンオフとは兄弟番組の事で、人気ドラマのサブキャラクターを中心にしてできた新しいドラマを言います。
元のドラマの前の話や後の話がテーマになる事が多いです。
代表的なドラマに「ジョーイ」がありますが、これは「フレンズ」のジョーイが主役になったスピンオフドラマです。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月16日 01:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「海外(外国)ドラマとエミー賞・ゴールデン・グローブ賞」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25