レイチェル・ビルソンはTheOCでサマー・ロバーツ役

現代版「ビバリーヒルズ青春白書」と言われている人気の海外(外国)ドラマが、米国(アメリカ)の「TheOC」です。
国内でも放送され、人気の海外(外国)ドラマの一つとなっています。
「TheOC」で一躍スターとして人気が出たのが、主役の一人サマー・ロバーツ役を演じたレイチェル・ビルソンです。

レイチェル・ビルソンは、カルフォルニア・ロサンゼルスで生まれました。
祖父のブルース・ビルソンは、「奥様は魔女」など数々のテレビ番組を手がけているディレクターです。
俳優としての経歴はまだ浅く、「サブウェイ」などいくつかのコマーシャル出演、テレビドラマのゲスト出演を経て、2003年に放送されたドラマ「TheOC」のサマー・ロバーツ役でドラマの人気とともに彼女も名も知られるようになりました。
当初「TheOC」ではゲスト出演の予定でしたが、サマーのわがままなお嬢様ぶりの反響が大きかった事から、途中からレギュラーとして主役の一人に加えられました。
幼い頃から家族に溺愛されお姫様のように育てられたレイチェルは、誰からも愛さずにはいられないキュートな存在として人々を魅了しています。
「TheOC」のサマーは、ある意味彼女にハマリ役だったのかもしれません。
2006年には映画デビューも果たしています。

レイチェルはそのファッションセンスにも注目が集まっています。
彼女の身長は163cmと米国(アメリカ)人にしては小柄ですが、カジュアルからハイファッションまで難なく着こなしてしまうので、小柄な国内人女性の憧れにもなっています。

プライベートでは、「TheOC」で共演したセス役のアダム・ブロディと交際していましたが、2006年12月に破局しました。
その後、2007年に映画「ジャンパー」で共演したヘイデン・クリステンセンと交際し、2008年12月に婚約しています。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月 5日 01:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミーシャ・バートンはTheOCの主役で人気」です。

次のブログ記事は「「グレイズ・アナトミー恋の解剖学」は超人気!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25