海外(外国)ドラマの用語あれこれ

今ではすっかり人気の海外(外国)ドラマですが、海外(外国)ドラマを観るにあたってよく耳にするけどわからない、という言葉はありませんか?
海外(外国)ドラマにおいてよく使われる用語を解説したいと思います。

「ソープオペラ」という言葉を聞いた事がありますか?
ソープオペラとは、いわゆるお昼のメロドラマを意味しています。
視聴者に主婦が多いので、石けん(ソープ)の会社のスポンサーが多い事からこう呼ばれています。
国内でも、午後1時台のドラマのスポンサーには石けん会社が多いと思います。

「シットコム」とは、「シチュエーションコメディー」を短縮した言葉です。
観客の笑い声が入っているコメディードラマの事で、米国(アメリカ)では昔から人気があります。
国内のドラマにはない形式ですね。
シットコムの代表的なドラマには、「フレンズ」や「フルハウス」などがあります。

「パイロット版」とは、新しく製作するドラマに先駆けて試験的に作られたものです。
始めに単発のスペシャルドラマとして放送し、視聴者の結果で好評かどうかを判断してシリーズ化されます。

最近、国内のドラマでも「スピンオフ」という言葉をよく耳にすると思います。
スピンオフとは兄弟番組の事で、人気ドラマのサブキャラクターを中心にしてできた新しいドラマを言います。
元のドラマの前の話や後の話がテーマになる事が多いです。
代表的なドラマに「ジョーイ」がありますが、これは「フレンズ」のジョーイが主役になったスピンオフドラマです。

国内でも人気のある海外(外国)ドラマですが、中でも米国(アメリカ)の海外(外国)ドラマはたくさんの人に人気があります。
よく米国(アメリカ)のドラマで、「エミー賞」とか「ゴールデン・グローブ賞」を受賞したという言葉を耳にするかと思います。

エミー賞とは、米国(アメリカ)のテレビドラマを始めとする番組の業績を讃える賞です。
毎年5月頃に、ニューヨークとハリウッドを中心にして行われています。
第1回のエミー賞は1949年に開催されました。
対象となる部門はたくさんの分類があり、放送時間による分類や娯楽番組、スポーツ番組、ニュース番組、ドキュメンタリー番組、海外(外国)制作の番組などに分類されています。
また、制作技術や放送技術に対しても表彰されます。
エミー賞は、世界の放送業界においてもその受賞は最高の栄誉とされています。
過去に国内の作品もいくつか受賞しています。

ゴールデン・グローブ賞とは、米国(アメリカ)でハリウッド海外(外国)人映画記者協会の会員の投票により選ばれる賞です。
毎年1月下旬に行われ、映画に贈られるアカデミー賞の前哨戦とも言われ注目されています。
第1回のゴールデン・グローブ賞は1944年に映画の賞として開催されました。
もともとは映画の賞として開催されていましたが、1956年からテレビドラマも対象になりました。
ゴールデン・グローブ賞は、作品賞、主演男優賞、主演女優賞がドラマ部門とミュージカル・コメディー部門と分かれていて、それぞれの部門から受賞が選ばれます。

韓流時代劇が人気を呼ぶ

今、国内では韓国の海外(外国)ドラマが人気です。
韓流ブームと言われ、レンタルショップの海外(外国)ドラマコーナーには韓国のドラマが所狭しとぎっしり並んでいます。

最近は、韓流時代劇が人気を集めています。
その先駆けとなったのは「宮廷女官チャングムの誓い」です。
このドラマは、16世紀初頭の朝鮮王朝時代を舞台に、実在の医女チャングムをモデルとして描かれた時代劇です。
母の遺志を継いで宮廷料理人の頂点を目指すチャングムは、権力争いに巻き込まれ料理人への道を閉ざされてしまいます。
しかし、運命に流される事なく医学の道に進んで、遂に彼女は王の主治医にまでに出世します
武官ジョンホとの純愛も織り交ぜながら、ひたむきな女性の一生を描いたドラマです。

「ホジュン」も、「宮廷女官チャングムの誓い」と同じく医術を題材としているドラマです。
主人公ホジュンは、愛人の子という自らの運命に屈する事なく強い意志と不断の努力、そして弱者に対する優しさで自らの人生を切り開いていきます。
最後には正一品まで登りつめ、東洋医学に大きな足跡を残す偉人として後世に名を残します。

「薯童謠(ソドンヨ)」は百済、新羅、高句麗が対立する三国時代の百済の武王のドラマです。
新羅の王女との恋愛を織り交ぜながらストーリーは展開していきます。

「海神(ヘシン)」も三国時代を題材にしたドラマです。
朝鮮半島南部の小島清海を拠点に、唐、新羅、国内と東アジアの海上貿易を取りまとめた海の覇者チャン・ボゴの物語です。
次々と襲いかかる苦境を乗り越えて、貴族達と壮絶なバトルを展開していきます。

「太王四神記」は高句麗の王子をとりあげたドラマです。
純愛ドラマで活躍する「ヨン様」ことぺ・ヨンジュンが凛々しい武将姿を披露し、新たな女性ファンを生みました。
時代劇としての魅力も満載で、時代劇好きの男性陣にも人気の高い作品です。